封筒屋通信2020年7月号

江戸小染 うろこ

封筒屋通信をご覧いただき、誠にありがとうございます! 梅雨明けのまぶしい日差しが大変待ち遠しい季節ですね。

今回オススメさせていただく紙は「江戸小染 うろこ」です。
三角形のエンボスが並んだ大変珍しく特徴的な紙でございますが、
そのインパクトとは裏腹に光に透かしてみるとなんとも涼し気で粋な
透明感のある紙でございます。

色展開は「白」と「絹」のシンプルな2色展開です。
本通信に使われている紙は「絹」でやわらかい質感と、
優しい白が他の紙にはない不思議な感触を与えてくれます(o^ー^o)/

江戸小染 うろこ

紙単体で見ると和風な雰囲気が強い紙ですが、封筒に加工する場合はヨコ型、タテ型どちらにもなじむ紙です。
エンボスが強い紙はなかなか使い方が難しい、と感じていらっしゃる方も居られるかと存じますが、
そんな方にも「江戸小染 うろこ」は大変オススメでございます(≧▽≦)
優しい風合いとやわらかい色味が無地、印刷有りどちらも抜群な相性を見せてくれます!

今月のサンプル

ポチ袋とぷち袋
今回ご用意したのは手のひらに収まるサイズ感が可愛らしい、「ぷち袋(35x55mm)」と「
ポチ袋(64x97mm)」です。
どちらもサイズが小さい封筒なのですが、ぷち袋のかわいらしさ、
ポチ袋の上質感が大変際立った仕上がりになりました>゜))彡
編集長いわく魚をイメージしているとのことですが、魚に見えますでしょうか…?

是非お手に取ってそれぞれのサイズが与える印象を見比べていただきたく存じます!

現場レポート・・・カマス貼について

製造部・渡辺さん
こんにちは!ロードバイク大好き、製造部の渡辺です!

私は封筒製造工程の中で、製袋(封筒の展開状態になった紙を封筒の形状に折る加工工程)
業務を行っており、その中でカマス貼りと呼ばれる洋形封筒の製造を担当しています。

横長の洋形封筒は、封入口が広く取れるので、印刷物の自動封入機に適しています。
そしてカマス貼には、内貼りと外貼りの2パターンがあります。
カマス貼りのほとんどは内貼りですが、厚紙封筒等ではよく外貼りを見かけます。
外貼りですと封入作業がしやすいですが、外側で引っかかりやすいという点もございます。

カマス貼りは背面部分が広いのでデザインがしやすく安定感があります。
ロードバイクでの走行時も安定感が大切!!

今後も安定感のある事後とをしてまいります。
(製造部 渡辺)

カマス封筒について

気になるトナリの封筒 ザ・ワールド

エストニアの封筒

今回はバルト三国のひとつ、エストニアの封筒をご紹介します。

エストニアの封筒
エストニアの封筒アップ
エストニアの封筒アップ2

切手の絵柄はエストニア北部の「HAGERI」と「NISSI」地区の民族衣装です。
2012年の封筒なので作りが綺麗で劣化もない洋2サイズの封筒です。

ヨーロッパの自然や伝統を大事にする国で、実はエストニアは世界屈指のIT国家なんです。

1991年に旧ソ連から独立したのですが、主力とする産業がなかったことがきっかけで「IT」に力を入れていきました。
「skype」も実はこの国から誕生していますし、ブロックチェーンセキュリティの大手企業の本社もここにあります。
評価額の高いベンチャー企業が多く存在するIT大国です。

「電子政府」と言われぐらい国全体にITが浸透していまして、電子投票は当然行われておりますし、
オンラインで会社を設立する場合なら一時間以内に設立出来てしまいます。
教育にも力を入れていて、幼い時からコーディングの基礎を教えている国です。
IT後進国でもある日本が参考にしなければならない国ですね。
(鳥山)

Information

Kakugata Gazette Envelope

最近、ガゼット封筒のページを公開しました。
封筒の左右にマチがあり、厚みが出るため普通の封筒よりもかさばるものが入れられる封筒です。
底にもマチのある封筒もあり、そちらのほうがよりかさばるものが入れられますが、
そこにもマチがあることで、使用前の収納でやや場所をとってしまいます。

当店で取り扱っているがガゼット封筒はメール便で使用できるサイズで「ゆうメール」や
「飛脚メール便」や「クロネコDM便」などで利用できるので、
とても使いやすいサイズになっています。
定形外郵便(250mmx340mm、厚さ3mm以内)でも使用しやすいサイズです。

マチ付き封筒とガゼット封筒のマチ
ガゼットQRコード
厚紙封筒と比べるとやや高めのお値段なのですが、
使用前の収納でスペースを取らなかったり、
フルカラーのオフセット印刷が手軽に出来たりと利点もあるので、
一度利用をご検討いただければと思います。
(鳥山)

編集後記

夏、ということでおすすめのサメ映画の話をしようと思いましたが、
いつもサメの話になってしまうので(;゚Д゚)
今回はまた別の映画をご紹介いたします。
海の物語というわけでもないのですが、夏には是非「ヘルボーイ2」と
「シェイプ・オブ・ウォーター」が観たくなります。
どちらも半魚人が出ているのですが、人間との恋、エルフとの恋が描かれており、
とても切なくて、泣きながら鑑賞していました(´;ω;`)
ポチ袋とサメ

ちなみに「シェイプ・オブ・ウォーター」に関しては小説版も購入し、
旅のお供にいつも読んでいました。小説版も中々読みごたえがあります。
気になった方は是非観てみてください。「ヘルボーイ」は一作目も面白いですよ(*´▽`*)♬
(蓮池)