封筒屋通信2020年6月号

伝統的なエンボスと豊富な色展開:NTほそおりGA

封筒屋通信をご覧いただき、誠にありがとうございます!
春の穏やかな気候はほんの少しで、いきなり夏日が来たことに驚いております。
気温の変化は激しくても体調は万全で仕事に望めるよう、日々注意してまいりたいと思います。

NTほそおりGA見本帳
今回ご紹介させていただく紙は「NTほそおりGA」です。
T-EOSシリーズというエンボスが特徴的な紙の一種で、伝統的な織柄の模様がエンボスされています。
細かい織模様の見かけは布の様な質感を思わせます。
ハンカチやふきんなどの小さめの布製品を入れるパッケージ等で使用するのもおもしろいかと思いますし、
和の雰囲気を出したい時にもおすすめの紙です。

紙色は50色と、豊富な色展開を誇ります。
本通信に使われている「サックスブルー」の様に淡い色合いから、黄色の様な鮮やかな色合い、
あいい炉などの渋い色合いまで多様な色味がある事も魅力の一つです。
用途に合わせてぴったりな紙を選んでいく事がとても楽しい紙でもあります(^^)

今月の封筒サンプル


今回ご用意したのはNTほそおりGAを使用した洋2ダイヤ封筒です。
お色は「青紫」と「空」の2色展開です。
落ち着いた淡い色合いは涼しげで、日本の夏に合う封筒になっているのではないでしょうか。

暑中お見舞いなどの夏のご挨拶を送る際に使用しても良さそうです。
封筒サンプルは無料で送付可能でございますので、お気軽にご連絡くださいませ(^o^)
(福崎)
洋2ダイヤ封筒

現場レポート…更なる品質向上を目指して

千一検品用箱
弊社では封筒が出来上がるまでに多くて7つ(断裁、エキセン、窓抜き、窓貼り、製袋、口糊、印刷)の工程がありそれぞれにいくつもの機械があります。
そして各工程を通過して都度、検品があります。

機械からどんどん出てくる封筒を100枚束ずつ手に取り、弊社の品質基準に則って担当者の目で良品と不良品に選別していきます。
これが非常に速いスピードで封筒が機械から出てくるので、検品には熟練と集中力を要します。
因みに50,000枚の案件であれば、1工程にこの作業を500回することになります。

更に1000枚に1枚ごとに抜き取り検品(”せんいちけんぴん”と言っています)をし、更なる強固な検品をしています。
封筒の汚れ、キズ等の有無を封筒の表や裏または中身まで検査します。
仮に前述した100枚束検品で漏れた不良品をこの”せんいちけんぴん”で網に掛けることを目的にし
”せんいちけんぴん”で抜き取った商品は全行程全機械全案件の全てを作業した曜日ごとに分別し、一定期間保管しています。

品質向上はゴール無き永遠の課題。弊社は今後様々な取り組みをしてまいります。
(製造部・江口)

~気になるトナリの封筒 ザ・ワールド~

アメリカ…グラシン封筒

今回もアメリカの封筒をご紹介します。グラシン紙で作成された封筒です。

何度か海外のグラシン紙を使用した封筒を取り寄せたのですが、古い封筒のためか、劣化が目立ち、やや茶色になっています。
それが悪いというわけでなく、レトロ感を求める分にはとてもいい味になっています。

グラシン封筒詰め合わせ
グラシン封筒詰め合わせ2

今回「グラシン封筒」という名称の商品を取り寄せたのですが、中にはトレーシングペーパーを使用した封筒も入っていました。
トレーシングペーパーも同じ製法で作られており、グラシン紙のカテゴリーに含まれますが、こちらの封筒は劣化がなく、かなり綺麗な封筒でした。
強度もありますし、郵送するならトレーシングペーパーを使用する方がいいですね。

縦長の封筒はカマス貼りになっています。
海外で縦長の封筒を見かけないのはおそらく、カマス貼りの機械しかないので縦長の封筒を作ろうと思ったら、カマス貼りになっているのだろうと思います。

「グラシン紙」は紙の成分の「パルプ繊維」の隙間を埋めることで透明性を高くしている紙です。
繊維の隙間があるとその中で光の乱反射が起こり、それが不透明に見えてしまうそうです。
人の目には違うものに見えても、実際は同じもの。外見だけで簡単に判断できないですね。
(鳥山)

Twitter 企画 秋(9/10/11月)のバースデーカラー×紙紹介

10月26日のバースデーカラーは「ライトターコイズ」で「常に冷静で思慮深く行動する人」
お客様のお好みの色が、きっと、みつかりますよ(#^.^#)
【 紙種:NTラシャ 青緑 】
(※Twitterより抜粋)

季節の紙
↑まとめはこちらから   

編集後記

鮫の傘1
雨の日に外を歩くのはなんだか憂鬱だな…と一度は必ず思ったことがあると思います。
そんな雨の日でも外に出て歩きたくなるような傘を私は持っています(●´ω`●)
以前通信でもご紹介したことのあるこの傘。そうです、鮫の傘です!!!
外側は黒一色ですが、内側に鮫のイラストが印刷されていて、
見上げると鮫が頭上で泳いでいるので、一緒に泳いでいる気分を味わえます♬
最近はこのような内側のみに印刷された傘をよく見かけます(・ω・三・ω・)
足元ばかり見ず上を見上げて歩いてみると、気分も晴れやかになりそうですね。
もしかしたら綺麗な虹も見れるかもヽ(*´▽`*)ノ
(蓮池)