封筒屋通信2019年8月号

【ブンペル】普通こそが特別。あなたに寄り添う紙

福崎

封筒屋通信をご覧いただき、誠にありがとうございます。
紙の紹介コーナーも担当させていただく事になりました福崎と申します。よろしくお願いいたします!

今月ご紹介させていただくのは「ブンペル」です。
ブンペルはざっくりとしたラフな質感で、手にすっとなじんでくれる紙です。
(結構、ずっと触っていられます。)

目をこらすと細かな繊維や古紙が含まれており、質感と相まってどこかレトロな感覚を思い起こさせてくれます。

お菓子のパッケージ、化粧品の紙袋、商品につける吊り札(タグ)など様々な仕様に対応できる厚みがそろっている事も魅力の一つです。

色味は薄いベージュから段ボールの様な濃い茶色まで素朴なお色が揃っており、ナチュラルテイストやレトロなデザインの場合は是非一度検討されてみてはいかがでしょうか。

ブンペル紙サンプル

今月のサンプル封筒】

ブンペルサンプル封筒ポチ袋1
ブンペルサンプル封筒ポチ袋2

編集長の蓮池が、夏の要素をポチ袋にふんだんに詰め込みました。

データで見ると割とポップな色味だなと思っていたのですが、ブンペルに印刷するとどこか懐かしいイメージが漂いその差が面白かったです。

色はホワイト、厚みは四六判95kgです。サンプルをご希望の際はお気軽にご連絡下さい。

(封筒屋どっとこむ 福崎)