封筒屋通信10月号

新たな試み…封筒パッケージとは?

いつもお世話になっております!緑屋紙工営業部の高比良です。

私事ではございますが、緑屋紙工に入社して約10か月とあと少しで1年が経とうとしております…(時の流れにびっくりしております)
少しずつではこざいますが、沢山のお客様とご縁を頂く機会が増え、様々なお話を頂けております。
この場をお借りしまして深く御礼申し上げます。

そんな中で今弊社がプッシュさせていただいてるのが『封筒パッケージ』という企画です。

パッケージというと連想されるのが箱(紙器)、OPで作成した平袋などが多く、封筒というと郵送用などがメインかと思います。
そこで今回、 8月23日に大阪産業創造館で開催された『パッケージ展 2017』に参加させていただきました!

パッケージ展ブース写真

今まで印刷関係の展示会には多く出展をさせていただいていましたが、今回は趣向を変えてパッケージ関係に初挑戦させていただきました。
紙器関係のお客様が多い中、弊社の封筒を使った商材は多くの皆様にご覧いただくことが出来ました♪
ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!

ブースでは細長い封筒に窓を付けた『ネクタイ袋厚紙を使ったレターパック型の封筒、マチ付窓付きの角底袋などなど…弊社の封筒技術を応用した様々なパッケージを展開させていただきました。

中でもネクタイ袋の人気が高く今回サンプルを多くご用意しているので気になりましたら高比良までいつでもご連絡ください

封筒には様々な可能性がある縁屋紙工は考えています。
封筒だからこそできるパッケージとしてのデザインや機能性なども含め今度も様々な企画をご提案させていただければと思います。

新たな商品や商材を常に発掘発信し続けることで今後ともお客様皆様のお役立ちできるよう邁進してまいります。

10月、11月にも弊社は展示会に参加させていただきます。
近日中にお知らせさせて頂きますので、お時間がこざいましたら是非ともお越しくださいませ!

毎度のことですが高比良ブースでお声がけさせていただいております(笑)
それでは今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(封筒工房[緑屋紙工] 高比良)

封筒屋スタッフブログより

産寧坂の五重塔の階段の写真

帰りに 産寧坂を通って五重塔を見にいきました。
今まで中に入った事がなかったのですが、たまたま拝観できる日だったので入ってきました。
上の階に行くための階段が非常に狭く急で、登りは大丈夫でも下りがかなり怖かったです。


古い建築は こうしてあんなに階段が急なのか?
お年を召された方は昇り降りが出来ていたのか疑問です。

田中はいつも、歴史や現地の情報を写真と細かな文書を交えて紹介してくれるので、次回も期待です。

引用元:封筒ふんとう日記
(ブログ記事:田中 コメント担当:福崎)

加工レポート…加工技術

みなさんこんにちは、製造管理課の石飛です。

突然ですが、皆さんは「封筒」に対してどんなイメージがありますか?
私は緑屋紙工で働くまで、封筒は「郵送のために使うもの」というイメージしかありませんでした。

もちろん封筒のほとんどは、郵送に使われていますが、緑屋紙工で様々な封筒を見ていると、その他の用途を感じられるものに巡りあいます。

その中の1つで「ポチ袋」というものがあります。

緑屋紙工では 「トレーシングペーパーの極小ポチ袋」を貼ることができる技術があります。
通常トレーシングペーパーの加工は難しいため、加工自体を断わる加工所さんも多いですが、緑屋紙工ではこれまで蓄積した知識と技術でそれを可能にしています。

また、機械で貼れる最小サイズにも挑戦したことで「トレーシングペーパーの極小ポチ袋」を完成させました。

その完成品を見ると従来の封筒以外の用途の可能性を感じられます。
例えば..

  • クリップや切手など「小物の仕分け袋」に
  • 値札やブランドカードを入れて「高級なタグ」に
  • 工場などで「極小製品や部品の管理用途」に
  • ピアスやネイルチップなどの「パッケージ袋」に
  • 好きな香りを染み込ませた紙を入れて「匂い袋」に

トレーシングペーパーで作られたぷち袋
(サイズ35m×55mm)

トレーシングペーパーの極小ポチ袋「プチ袋」の写真

グラシンで作られた名刺DE封筒(写真上)
(サイズ:91mm×55mm)とぷち袋(写真下)

グラシン紙の極小ポチ袋の写真

1つの特殊な封筒がお客様のアイデアに合わせて、様々に用途を変えていくのを楽しみにしています。
用途に合わせたアイデアも提案いたしますので、お気軽にご連絡ください。
(石飛)

作品事例

M’s sports!!(エムズスポーツ様)

「 イメージカラーを表現するには」

いつも封筒屋通信をお読みいただき、誠にありがとうございます。

封筒は物を送るだけではなく、受け取る方に会社のイメージをお伝えする事ができる大切なツールの一つです。

イメージを伝える際、有効な手段が会社のイメージカラーを封筒に取り入れる事です。もちろん印刷色で取り入れても効果的なのですが、紙色をイメージカラーに近づける方法もおすすめです。

エムズスポーツ様封筒写真

今回ご紹介する「M’s sports!! 様」にはイメージカラーであるオレンジ色を封筒色(紙色) にご使用いただきました。
鮮やかなオレンジ色が目を引きます。

封筒だけではなくホームページ、名刺など情報発信の媒体に同じ色を持ってくると、企業イメージを印象付けやすくなります。

封筒屋どっとこむでは様々なカラーの紙を取り扱っております。
「こんな色でもできるかな?」 など、ご不明な点がございましたら、ぜひ一度お問い合わせいただけますと幸いです。
(福崎)

※その他の作品事例はこちら
お客様封筒デザイン集

エムズスポーツ様封筒写真

今月のサンプル封筒

【インスタ映え封筒】

インスタ映えするオシャレな封筒をご紹介します。
以前、デザイナーさんに依頼して封筒サンプルとしてデザイン頂きました、猫好きにぴったりな「猫好き専用二つ窓封筒」です。

猫柄封筒

紙は「OKミューズバナナ カフェ」です。
この紙はうっすらとレイド目(縞模様)が入っています。
バナナをむいた時の状態と似ているところから名前が付けられたそうです。
紙の色は白系とクリーム色系の5種類程で、色数は少なめの用紙です。

こちらの封筒、外側の猫は黒色の箔押しで加工されています。

箔押しというと金色や銀色のイメージですが、それ以外の色でも箔押しが可能です。
黒色の部分を印刷の黒色より濃くしたいなら、今回ご紹介している封筒のように黒色の箔押しは最適ですね。
凹みが少しあるので印象に残りやすいです。

窓の形はトムソン刃で型抜きしました。
尖っている部分は、その部分から紙が割れてしまう事もあるの で、先端を丸める工夫が必要です。

猫柄封筒、窓と黒箔押し加工

窓から見える文字は、封筒の内側に印刷した文字になります。
封筒から書類を出した時に気持ちがほんの少し高ぶります。

文字以外にも猫柄が内側にびっしり詰まっており、外側だけでなく内側も楽しめるデザインとなっています。
(鳥山)

猫柄封筒、内部も猫模様
猫柄封筒、内部も猫模様

編集後期

今月も封筒屋通信を最後までお読みいただき誠に有難うございます。

毎年恒例の大阪府製袋協同組合様主催のボウリング大会に、3年目にして初参加してまいりました。
最初は練習で何回か投げ、2回勝負で1回目と2回目の合計スコアを足した数字でランキングされるものでした。

結果は55人中25位!と真ん中あたりでした。
しかし5の倍数にも賞があり、私は電子ケトルが当たりました!
丁度家で使っていたものが去年壊れていたので大当たりでした。

来年も是非参加したいと思います。
(田中)

ジャックオーランタンの写真